調査の内容|名刺管理で業務がスムーズになる|サービス利用で一挙両得

名刺管理で業務がスムーズになる|サービス利用で一挙両得

メンズ

調査の内容

スーツの男性

CS調査を実施する目的

CS調査のCSとは、カスタマー・サティスファクションの略称で、顧客満足と和訳されます。つまりCS調査とは、自社の商品やサービスに対する顧客満足度を調査する行為を指しています。 これは現代において、自社の提供する商品に対して顧客をより効果的に引き付けられる様な関係にする、自社と顧客との関係を深める経営戦略の一環として、重要性が高まっていると言われています。 CS調査では、単に商品に対する満足度を調査するための実施だけが目的では無いとされています。調査結果を分析し、様々な要素が絡む商品提供においてより満足度が高い、すなわちコストパフォーマンスの良い要素を絞り込む目的が含まれます。それにより、更なる顧客関係の効率・密着化を図る事も可能となっています。

調査をより有効にするための主な工夫

CS調査を実施する上で、効果を上げるためのポイントがいくつか挙げられています。 まず第1に、実施目的の明示です。具体的な調査対象が、商品の種類ごとの満足度か、商品を問わず自社のサービスへの総合的な評価を得るのか、あるいは過去の調査結果からの対策の効果を知るためか、などの目的を把握する段階です。 こうした目的を整理する事で、後々の絞り込む基準が左右され、社内のどの部門で調査結果を活かすのかが分かれて来るとされます。 次に意見対象となる顧客層と実施方法の絞り込みです。事前に購買層が明確な場合なら、幅広い層に実施するよりもその層から意見を得た方が有効となります。 また、実施方法は大きく分けて、統計的なアンケート型、具体的理由を得る質疑応答型、実際に顧客を招いて体感を尋ねる体験モニター型が挙げられます。おおよその好感度を調べたいのか、具体的意見を得たいのか、などの目的に応じて選ぶ必要があります。 またその他にも、実施する時期や時間帯、分析手法などによっても、CS調査の効果は分かれて来るとされており、入念な考察が求められています。